× HOME シャンプーの成分にはご用心! 女性の薄毛の原因について 薄毛が目立たない分け目の作り方 薄毛になりやすいヘアスタイルしてませんか!? 薄毛改善に必要な髪の栄養について 薄毛隠しにはかつらがベストなのか? 頭皮環境を整えて薄毛改善!

薄毛になりやすいヘアスタイルしてませんか!?

薄毛になりやすいヘアスタイルしてませんか!?

◾︎ヘアスタイルと薄毛の関係

女性の薄毛には様々な原因がありますが、普段のヘアスタイルも少なからず関係しています。女性はオシャレに敏感ですので髪型も色々工夫するものですが、そのことが頭皮の負担となり、抜け毛を増やしてしまうこともあるのです。まずはどういったヘアスタイルが薄毛につながりやすいのかをチェックしておきましょう。

◾︎薄毛になりやすいヘアスタイル

・ポニーテール
ポニーテールや三つ編み、お団子など髪を結ぶヘアスタイルは、髪の根本に引っ張られる力がかかりますので髪の毛の負担となります。たまになら問題ありませんが、ほぼ毎日髪を結んでいるという人は、特に分け目の部分に負担がかかりっぱなしになりますので、その場所から髪が薄くなってしまうことがあります。

薄毛になりやすいヘアスタイルしてませんか!?

・ロングヘア
女性は男性と比べてロングヘアの人が多いですが、髪が長いということはそれだけ髪の毛自体が重いということにもなります。髪の重さの分だけ根本が常に引っ張られていることになりますので、ショートヘアと比べて負担が大きくなると言えます。お風呂上がりにドライヤーを使う時間も長くなりがちですので、髪の負担になるということもあります。

◾︎薄毛対策におすすめの髪型

髪のボリュームが気になるときにおすすめの髪型は、ボブやショートカットです。髪の毛自体が短めなら重みで引っ張られる力が弱くなりますので、負担を軽減することができます。髪の長さはショートにしつつ、シルエットがふんわりしてボリューム感が出る髪型がおすすめです。
今までショートカットにしたことがないという人は、分け目が髪の毛の負担になり過ぎないように気をつけながら髪を結んでみるのもよいでしょう。
ショートカットでもボリューム感を出すためには、パーマをあててみるのもひとつの方法です。髪の毛がカールすることで全体的にボリューム感がアップします。ただし、あまり頻繁にパーマをあてると髪の毛の負担になりますので注意しましょう。

Top